お知らせ

エアロゾル感染 から 空気感染へ 【新型コロナウイルスの変化】

日本経済新聞9月16日(木)朝刊からの引用

 

 

国内の感染症の専門家など科学者融資が国に対し、

新型コロナウイルスは「空気感染する」と言い換えるように求めている。

厚生労働省は従来、接触感染や飛沫感染のほか、

3密の環境などで漂う飛沫の微粒子による「エアロゾル感染」などで移るとしていたが、

分かりにくく危機感が浸透しないとみる。

よって、換気の徹底や不織布マスクの着用などを呼びかけている。

 

東北大学の本堂毅准教授ら約30人以上の科学者が8月中旬、

内閣官房や厚生労働省などに声明文を送った。

我々が開発した新型コロナ消毒は付着面だけではなく空間全体の消毒を提唱してきました。

 

我々の独自の消毒メニューの優位性がますます高まってきています。

 

参考ページ:消毒作業Re-BORNについて

今回のRe-BORNセミナーについてはコチラ

Re-BORNセミナーお申し込みはコチラ

最近のお知らせ一覧

ページの先頭へ戻る