脱臭サービス

喫煙室の脱臭サービス

このサービスの対象

近年、受動喫煙防止法に基づき、オフィス内でも分煙・禁煙化が進んでおります。
その流れの中で、喫煙室であった箇所を通常のオフィスに復旧する際、壁面や天井に付着した煙草の臭気が問題となる事が増えてきました。

他社との違い・ご利用頂くメリット

本脱臭サービスは建築材料に染みこんだ煙草の臭気を除去する為、交換する建築材料の費用を抑える事が出来ます。
また、オゾンによる酸化分解で直接的に煙草の臭気を脱臭する為、施工後の臭気再発の心配がございません。

現状回復までのプロセス

  1. 臭気の測定

    臭気の測定
    作業前に現状の測定を行います。これは(仮称)脱臭効果判断士などの専門的な資格を保有した人間が行う事で、公正的に評価する事が可能です。
  2. オゾンガス薫蒸

    オゾンガス薫蒸
    高機能、高発生量のオゾン発生器にて対象空間にオゾンを薫蒸します。
  3. 換気作業

    換気作業
    一定時間後、分解された複成生物及び残オゾンを換気作業により、強制的に排気します。
  4. 臭気の測定

    臭気の測定
    作業終了後、臭気の測定を行い、前後の評価を行います。

サービス実施前後の比較

  • サービス実施前
    臭気レベル3
  • サービス実施後
    臭気レベル1

ページの先頭へ戻る